格安simで節約スマホ生活

格安SIM情報のSIMPLANT

格安SIMとは?

格安SIM(シム)、MVNO(エムブイエヌオー)という言葉をよく聞くようになったが、これらはいったい何なのか?

格安SIMとは、格安SIM提供会社「MVNO(エムブイエヌオー)※」が提供するSIMカードのこと。

※Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の頭文字を取っている。

3大キャリアである「ドコモ」、「au」、「ソフトバンク」の通信インフラ(通信回線)を利用し運営することで、回線の保守・管理費用・研究開発費用などを抑えることができ、結果として通信費を安く提供できるというもの。

大手キャリアの通信回線を利用しているので、大手キャリアに比べても遜色ないレベルの高品質な通信が可能。

ユーザーのニーズに合わせて、音声通話とデータ通信のみのシンプルなサービス内容を提供するなど、より低価格な料金設定を実現している。

キャリア回線の違いによる差って?

各MVNOで利用しているキャリア回線が異なる。

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3種類。

それぞれ違いは通信速度の違いもあるが、一番の差はサービスエリアの範囲。つまり、圏内かどうか。電波が入るかどうか。

携帯の電波と同じで、地方や山間部はドコモ回線が強い。

あとは、利用できるスマホとできないスマホがあったりします。どの回線でも利用できるスマホもあるが、ドコモ回線でしか利用できないスマホなどもあるので注意。

基本的にはドコモ回線を利用した格安SIMが圧倒的に多く、利用可能なスマホも多いのが現状。

格安SIMに乗り換えるメリット

月々の携帯使用料が安くなる。

使用する格安SIMによって異なるが、どれを選んでもほとんどの人が半額から3分の1程度まで安くなる。はず。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアの場合、プランにもよるけど、大体月6,000円~7,000円くらいの人が多い。格安SIMにすれば、通話の量にもよるが、人によっては2,000円を切るレベルにまで節約可能。

格安SIMにしてもキャリア携帯時と同じくできること

  • 同じ電話番号を利用すること。
  • SMSの送受信。
  • アプリデータの移行。

格安SIMに乗り換えるデメリット

通信網自体は大手キャリアと同じものなので、サービスエリアや通話品質などは問題ない。

大手キャリアと差があると言われているのが通信速度。特に混雑時間帯の通信速度が気になるというユーザーが多い。

格安SIM会社によって差があると言われているが、混雑時間帯(昼休みや就業後のアフター5の時間帯)はキャリア携帯よりも通信速度が遅いと言われている。

混雑時間帯に、動画視聴などのデータの大きい通信を行う場合はストレスを感じてしまうことがあるかもしれない。

あとは、デメリットと感じるかどうかはその人の使い方次第だが、キャリア携帯時にできたことでも格安SIMにすることでできなくなることがある。

格安SIMにしたらできなくなること

  • 大手キャリアに存在するようなかけ放題プランはほとんどない。
  • キャリア提供のwifiは利用不可。
  • キャリアメールは利用不可。

 

格安SIMにすべき!な人はどんな人?

  • スマホの月額利用料を安くしたい人。
  • 今までガラケーで今後スマホにしようと思っている人。
  • 2年以上機種変更・契約変更をしていない人。
  • キャリアメールを利用しない人。
  • 主な連絡手段がLINEやSNSの人。
  • 動画など頻繁に観るなど、データ通信料が多い人。
  • 自分から電話をかけない。相手からかかってくる方が多い人。
  • ドコモの人。

以上の項目に多く当てはまる人は格安SIMを検討してみよう。

まず安くなるというのが最大のメリットだが、データ通信料も格安SIMの方が安いプランが多い。また、ドコモの場合、そのままドコモで購入したスマホ端末を利用できる格安SIMが多いので、大手3キャリアの中で一番簡単に乗り換えることができる。

格安SIMへの利用方法

格安SIMはネット上で申込むことができ、契約から使用開始まで、すべてネット回線上で完結することはできる。

すでにキャリアスマホを利用している人は、今使っているスマホをそのまま利用可能。大手キャリアの場合、契約と端末購入がセットが基本。格安SIMの場合は、対応端末であれば、そのまま手持ちのスマホを利用して契約することができる。

乗り換える場合の流れ

大手キャリア契約から格安SIMに乗り換える場合の流れは…

まずは自分が利用しているスマホの利用状況や解約違約金の有無などをチェック。

自分が希望する内容にマッチしたMVNO(格安SIM会社)、プランを選ぶ。

キャリアによってはSIMロック解除。

そのまま同じ電話番号を使いたければ、MNP予約番号を取得。

ネット、もしくは店頭で申込み。

終了!

利用しているキャリアによって、選べるMVNOが異なるので、利用しているキャリアに選択した格安SIMが対応しているかしっかり確認しよう。

また、キャリアによってもSIMロック解除などの手続きの有無に違いがあるので、自分の使っているキャリアがどのような手続きが必要かをチェックする必要がある。

新規で格安SIMを利用する場合の流れ

新規で格安SIMを利用する場合の流れは、手元に利用するスマホがあるかないかで違ってくる。

スマホがあるけど、元々大手キャリアで利用していたスマホの場合、キャリア会社によっては、格安SIMを利用するためにSIMロックを解除する必要がある。

ドコモの場合、SIMロックを解除しなくても利用できる格安SIMが多数存在するが、auは端末によって必要かどうかが違ってくる。ソフトバンクは必須。

手元にスマホがなく新たに購入する場合はSIMフリースマホを購入する。SIMフリースマホとは、SIMロックがかかっていないスマホ端末のこと。

家電量販店やネットで購入可能。

SIMフリースマホを単品で購入して、格安SIMを選ぶことも可能だが、格安SIMによっては、回線契約とセットで購入するとお得になるセット販売をしていることもあるので、使いたい機種がないかチェックしてみよう。

apple社で購入したiPhoneはSIMフリー。

スマホをゲットしたら、あとは乗り換えの場合と同じ同じ。

自分が希望する内容にマッチしたMVNO(格安SIM会社)、プランを選んで、ネットか店頭で申込み。

終了!

という流れ。

格安SIM会社の選び方

格安SIMには、データ通信のみのデータSIMと音声SIMの2種類がある。自分がどのように格安SIMを利用したいかを考えて、それに合ったプランが用意されている会社を選ぶようにしよう。

不要な内容が含まれた格安SIMを選ぶことで料金が増してしまっては、格安SIMを利用している意味がない。必要なものだけを選択できるのが格安SIMの大きなメリットである。

データSIMとは?

データSIMとは、通常の携帯回線による通話ができないSIM。IP電話やLINE、その他アプリによる通話は可能なので、通常の音声通話はしないという人はデータSIMでもいいかもしれない。

音声SIMよりも月額費用が1,000円近く安くなる場合がある。

音声SIMとは?

大手キャリアのように携帯回線での音声通話が可能。

通常使用の携帯電話として利用するのであればこちらを選択しよう。

必ず通信方式がマッチした格安SIMを選ぼう

手持ちのスマホ端末を利用して格安SIMを選ぶ場合は、手持ちの端末がその格安SIMに対応しているかどうかを必ずチェックしよう。

周波数などの通信方式が異なる場合、通話が出来なかったりする。格安SIMのサイトでは、動作確認済端末を掲載しているので、自分のスマホ端末が動作確認済かどうかのチェックは必須。

掲載がない場合も事前にしっかり確認するようにしよう。

料金にほとんど差はない

どの格安SIMの会社を選んでも料金に関してはそこまで差がない状況だ。どこも大体同じくらいの金額。

違うのはプランやオプション、通信範囲や通信速度。

料金で選ぶというよりは、それ以外の部分で選ぶようにしよう。

大手キャリアから乗り換えの場合は、乗り換えやすさも重要。利用しているキャリアによって、乗り換えやすい格安SIMというものがある。

 

Copyright© 格安SIM情報のSIMPLANT , 2018 All Rights Reserved.