ソフトバンクからlinemoに乗り換え 即日・短期はブラックリスト入りする?

ソフトバンクからlinemoに乗り換え-即日・短期はブラックリスト入りする?

ソフトバンクと言えば家電量販店などで「1円スマホ」など、お得な乗りかえ特典を出している事でも定評がありますね。

2024年のソフトバンクショップで1円iPhone等のお得なキャンペーン&特典が実施されている

ただ、多くの場合、乗り換え特典の条件にソフトバンクの料金設定が高めのプランへの加入があるので、「ソフトバンクへ特典付きで乗りかえたけど、月額料金が高くなった」という場合が多いです。

そこで、「ソフトバンクから同グループのLINEMO(ラインモ)に即日乗り換えして毎月の月額料金を下げよう」と考える人も多いと思います。

ソフトバンクからLINEMOへの即日乗り換え自体は可能:乗り換えにかかる時間は最短1時間

単純にソフトバンクからLINEMOへの即日乗り換えの手続き的な話であれば、基本的にLIMEMOへの即日乗り換えは可能です。

LINEMOへの乗りかえ手続きはスムーズで、特にeSIMを選択した場合、最短で申し込みから1時間程度で利用開始が可能なので、即日利用を重視する場合はeSIMがおすすめです。物理SIMカードの場合は郵送による時間が必要となります。

eSIMの場合は、利用前提として自分のスマホがeSIM対応かの確認や、そもそもLINEMOで自分のスマホが動作実績のある機種なのかも事前に確認しておきましょう↓

参考:動作確認端末(LINEMO)

具体的な「ソフトバンクからLINEMOへの乗りかえ方法」は、特に通常のLINEMOの申込手順と変わりはなく、LINEMO公式ページから申込フォームに進んでの手続きとなります。(後述)

ソフトバンクからLINEMOへ乗りかえ時の注意点

ちなみにソフトバンクからLINEMOへの乗りかえ時の注意点ですが、以下のサービス・割引はLINEMOでは利用、引き継ぎできない事は押さえておきましょう↓

キャリアメール
※「@softbank.ne.jp」「@i.softbank.jp」など 【同じメールアドレスを利用したい方】
月額330円(税込)/ 年額3,300円(税込)の「メールアドレス持ち運び 」をLINEMO利用開始後にMy SoftBankでお申し込みすると、引き続きご利用できます。

参考:https://www.softbank.jp/mobile/service/mail-address-portability

LYPプレミアム
割引の終了や、自動的に解約になります。

Q.ソフトバンク/ワイモバイルから乗り換えした場合、「LYPプレミアム」は継続して使えますか?
 
A.使えません。ソフトバンク/ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えした場合、料金プランに含まれていた「LYPプレミアム」は自動的に解除され、ご利用できなくなります。

新みんな家族割(旧:みんな家族割+)、おうち割光セットなどの割引
解約日が属する月の前月をもって終了します。

参考:ソフトバンク・ワイモバイルからソフトバンク・ワイモバイルから 乗り換え時の注意点

即日乗り換えや短期乗りかえの場合には、そもそもこれらのサービスを使わない可能性が高いですが一応ソフトバンクのこれらのサービスや割引はLINEMOに乗りかえると基本的には使えなくなります。

ソフトバンクから即LINEMO乗り換えは短期解約扱い?扱いは「変更」ではなく「乗りかえ」

一方で、ソフトバンクからLINEMOへの即日乗り換えをする場合には注意が必要です。

というのもソフトバンクからLINEMOへの乗り換えは、ドコモからahamoのようなプラン変更という扱いではなく、別の通信会社への「乗りかえ(MNP)」という扱いになるためです。

そのため、ソフトバンク⇒LINEMOへ即日乗り換えや短期利用で乗りかえをしてしまうと、短期間での解約扱いとなってブラックリスト等のペナルティが付く可能性があります。

具体的な基準としては、ソフトバンクを3ヶ月未満で解約しLINEMOに乗り換えるとブラックリスト入りするリスクがあるため、この点は十分に注意が必要です。

同じソフトバンクグループ内ではありますが、乗り換え(MNP)扱いになるので最低でも6か月間以上はソフトバンクを使った上でLINEMOへ乗り換えるのが無難でしょう。

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えるベストなタイミングは?

即日乗り換えの場合にはあまり関係ないかもしれませんが、ソフトバンクからLINEMOへの乗り換えには「最適なタイミング」というものがあります。

というのもソフトバンクの解約月には日割りが適用されず、LINEMOの初月には日割りが適用されるからです。

・ソフトバンク解約月の基本料金は日割計算されません。
・解約月の基本料金は満額請求されます。(日割計算なし)
・各種割引が適用されるのは解約日が属する月の前月までで、最終請求月は適用されません。

Q.月の途中でサービスを開始した場合、月額料金は日割りになりますか?
 
A.料金プランや、通話定額などオプションサービスの月額料金は、日割りになります。

そのため、月末に乗り換え手続きを行うのが理想的です。

これにより、ソフトバンクの料金を余分に支払うことなく、翌月からスムーズにLINEMOを利用開始できます。特に乗りかえ特典狙いでソフトバンクに乗りかえた人であれば、月額料金の高い無制限プランに加入している可能性が高いので、解約月の日割りなしは影響が大きいです。

またLINEMOでeSIMを利用する場合は、前述の通り手続きが迅速に完了するため月末ギリギリの乗りかえ手続きでも問題ありませんが、物理SIMカードで申し込む場合は、申込⇒郵送⇒開通までに数日かかる事も考慮しましょう。

「月末ギリギリでLINEMOに乗り換え手続きを行ったが、SIMカードが届いて開通するまでに月を跨いでしまった」となると、ソフトバンクの翌月のプラン料金も満額で請求となってしまうためです。

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え手順

という事でタイミングはお任せするとして、ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え手順についても具体的に見ていきましょう。

前述の通りソフトバンクからLINEMOへの乗りかえ手続きは、通常のLINEMOの申込手順と大きくは変わりません。

LINEMO申込フォームで「今の電話番号をそのまま利用する」で「ソフトバンク」を選択する
【手順1】LINEMOのオンライン申込ページから申し込みをする
【手順2】審査とSIMカード発送
・申込完了後、15:00までに審査完了した場合、最短当日でSIMカードなどが発送
・15:00以降に審査完了した場合は翌日の発送
・発送が完了したら「商品発送のお知らせ」メールが届く
【手順3】SIMカードを受け取る
【手順4】初期設定してLINEMO回線を開通(契約開始)
通信をするための設定(APN設定)を行い、利用を開始する
LINEMO申込の流れ

特にLINEMOはオンライン専用ブランドという事と、ソフトバンク⇒LINEMOの乗りかえの場合にはMNP予約番号の発行も不要です↓

Q.ソフトバンク/ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えの方法を教えてください。
 
A.ソフトバンク/ワイモバイルからLINEMOへ乗り換えする際は、MNP予約番号のお申し込み手続きは不要です。ソフトバンク/ワイモバイルのご契約内容のご確認、ネットワーク暗証番号(4桁)の入力がありますので、事前にご確認が必要です。