LINEMOにエントリーパッケージはある?⇒存在しない&LINEモバイルと混同注意

LINEMOにエントリーパッケージはある?⇒存在しない&LINEモバイルと混同注意

格安SIMや通信業者の中には「エントリーパッケージ」と呼ばれるお得な申込パッケージを販売しているところもあります。

が、結論から述べるとLINEMO(ラインモ)にはエントリーパッケージは存在しません。(LINEMOの前身である「LINEモバイル(現在申込終了サービス)」には過去に存在&現在終了)

LINEMOで今PayPayあげちゃうキャンペーン実施中!
最大12,000円分PayPayGET!

詳細はLINEMO公式ページをチェック↑

LINEMO(ラインモ)にエントリーパッケージは存在しない

格安SIM等通信会社の中には”エントリーパッケージ”と呼ばれるお得な申込パックを販売している業者もあります。

具体的には以下のような封にSIMカードが入っており、そのままスマホに差して回線契約を済ませる事で初期契約事務手数料の3,300円が無料になる等の特典が受けられるというものです。

★ワイモバイルのエントリーパッケージの実物写真
※上記の写真はワイモバイルのエントリーパッケージです。

通販や量販店などで販売されている事が多く、窓口に行かなくても回線契約ができる+初期手数料が無料になる、いわゆる”販路”の1つですね。

そんなエントリーパッケージですが、LINEMOにはエントリーパッケージというものが存在しません

そもそもLINEMOは最初から契約事務手数料が無料なので、エントリーパッケージを発売する意味がないんですね。

もし「より多くの特典を貰ってLINEMOに申し込みたい」のであれば、以下のページでLINEMOで使える全キャンペーンをまとめているので参考になると思います↓

Linemo申込前に!絶対利用したい全キャンペーン&裏技も!

Linemo申込前に!絶対利用したい全キャンペーン&裏技も!【2022年11月最新】

2022.04.02

【混同注意】LINEMOモバイルのエントリーパッケージは2021年1月に終了&LINEモバイルも2021年3月に新規終了

ネット上でLINEMOのエントリーパッケージを調べていると見かけるのが「LINEモバイル」のエントリーパッケージの情報です。

「LINEMO」と「LINEモバイル」はかなり名前が似ていて混同している人もいるかもしれませんが、別の通信会社です。

名前が似ていてLINEっぽい緑色のデザインなので混同してしまう人が多いからか、LINEモバイル公式ページの「よくある質問」でも以下のような記載があるくらいです↓

Q.LINEMOとLINEモバイルは同じサービスですか?
 
A.LINEMOとLINEモバイルとは別のサービスです。LINEMOは、2021年3月17日からスタートする、ソフトバンクのオンライン専用ブランドです。

正確には違う会社というよりは、「LINEMOの前身がLINEモバイル」という関係になっています。

「LINEモバイル」は元々格安SIM(MVNO)としてサービスを提供していましたが、2020年にソフトバンクの連結子会社となっています。

その後2021年3月にソフトバンクがLINEモバイル株式会社の株式取得によって、ソフトバンクの完全子会社化となっており、LINEモバイルは新規受付を終了&LINEMOとして新ブランドが立ち上がっています。

参考:完全子会社であるLINEモバイル株式会社の 吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ

現在LINEMOにはLINE使い放題の「ギガフリー」という特長がありますが、これも元々LINEモバイルで提供していたサービスで、LINEモバイルには全プランに「LINEデータフリー」と呼ばれるLINEのカウントフリー(LINEサービスを使ってもギガを消費しない)が付与されていました↓

【LINEモバイルの料金プランにはLINEデータフリー】
LINEモバイルの料金プラン(音声通話SIMの一覧)

そんなLINEモバイルは現在新規契約は終了していますが、過去にエントリーパッケージを発行していました。(2021年1月でLINEモバイルのエントリーパッケージの販売は終了)


LINEモバイルのエントリーパッケージの説明文

参考:エントリーパッケージ (LINEモバイル公式サイト)

当時LINEモバイルが新規申込を受け付けていた頃は、契約事務手数料として3,300円が掛かっていたのでエントリーパッケージで無料になるのはメリットだったんですね。

しかし、2021年3月をもってLINEモバイルは新規募集を終了しているので、現在LINEモバイルのエントリーパッケージを入手しても意味はありません。

参考:
Amazon「LINEモバイル エントリーパック (ナノ/マイクロ/標準SIM) 」
Amazon「【DL版】登録事務手数料3,000円(税抜)が不要になるクーポンコード|LINEモバイル エントリーパッケージ」

同じソフトバンクグループでも「ワイモバイル」にはエントリーパッケージがある

ちなみにLINEMOと同じソフトバンクグループの「ワイモバイル」には、現在もエントリーパッケージ(“SIMスターターキット”)が存在し、お得な特典付きで申込ができるようになっています。

SIMフターターキットで申込する際の手順・流れ

ワイモバイルもLINEMOと同じで、オンラインストアから申し込めば事務手数料3,300円が無料になるので一見エントリーパッケージなんて必要なさそうに思えます。

が、ワイモバイルのエントリーパッケージはかなり特殊で、なんとエントリーパッケージ経由で申し込むことで7,000円の現金キャッシュバック特典が貰えます!(期間限定で12,000円まで増額)

ワイモバイル公式のエントリーパッケージの特典が期間限定で12000円キャッシュバックに増額

初期手数料も無料になる特典に加え、高額現金キャッシュバック特典まで貰えるという事で、今までのエントリーパッケージとは一線を画すような申込窓口となっています。(ワイモバイルのエントリーパッケージに関しては以下のページ参照)

参考:Y!モバイルスターターキット(エントリーパック)12,000円現金キャッシュバック特典

もしかしたら今後はワイモバイルの「SIMスターターキット」のように、契約事務手数料無料よりも更にお得な特典が付く可能性もゼロではありません。

今LINEMOが安い!ミニプランが8カ月無料(~2023年1月終了)
詳細はLINEMO公式ページをチェック↑